検索
  • Aruku

こころのフレーム

更新日:2021年12月11日

鳥海山の山頂から望む月山。

ボクは季節を通して訪れて、季節の変化を楽しむ登山が好きです。


言葉で表現することが難しい場面ってあるよね。


アートディレクター 佐藤可士和さんは、空間、情報、思考3つの世界における整理という概念が同じで整理の仕方が同一の考え方で出来るという方法論を示しています。部屋の整理と頭の整理は考え方と言う点ではほとんど同じなんだそうです。


写真は言葉で表現できない感動を伝える事が出来ます。


風景を撮る前に、ボクはじめ目の前に広がる世界、言葉にならない感動、脳に受けた刺激を一度こころのフレームで切撮って整理します。それからファインダーで見てこころのフレームと一致した場面でシャッターをきります。


Photoshopで感動を演出する事もありますが、そうやって作品となった写真には正直なんだか勿体なさと、もやもや感があります。


最幸の一枚を目指して、目の当たりにしたリアルを、こころのフレームとシンクロさせて限りなく一発撮りで撮る。これがボクの目指す「写心」です。


誰かにリアルの感動が届いたら、ステキ!











閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

入賞